teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]

スレッド一覧

他のスレッドを探す  スレッド作成


 投稿者:maro  投稿日:2011年 1月29日(土)20時55分49秒
返信・引用 編集済
  にっぽんには四季がある。
にっぽんの虹は七色。
アメリカに至っては五色。
アフリカに至っては三色。
にっぽんの大気には湿気があり、陽の光がプリズムされ七色を作り出す。
にっぽんには四季がある。
 
 

マイケルに会って来た

 投稿者:maro  投稿日:2011年 1月28日(金)09時50分22秒
返信・引用
  昨日、ディズニーランドの『キャプテンEO』を見てきた。
その中でマイケル主役ダンス映像を・・・ジョージルーカス・フランシスコッポラ監督で。
思わず2回も見てきた。『カッコいいねェ~マイケル』
以前、マイケルが黒のローファーを履いてるのを見て、『カッキー』なんて思い素材別のローファーを2足も買ってしまった。
今回は白いハイカットの靴。(そんな代物が見つかったらおそらく買ってしまうかも・・・。)
妻と二人っきりで行って楽しめたので、皆さんと行ったらもっと楽しいだろう。
いつか行こうよっ。
 

1月

 投稿者:maro  投稿日:2011年 1月17日(月)09時19分1秒
返信・引用 編集済
  ♪僕がぁ~ 生まれたぁ~ 月
 僕はぁ~ 忙しい時に 生まれたっ
 お正月もありっ 七草もありっ 成人式もありっ センター試験もありっ
 初観音初天神初地蔵初不動初大師 初物づくめなのさっ

 僕がぁ~ こんな性格にぃ~ 生まれてきたのはっ
 お父さんのせいでもなく お母さんのせいでもなく
 神様のせいでもなく だとしたら
 君のせいなんだっ
 君を見ていて 君と出会って 君と会話して 君を知って
 僕はこんな性格にっ なってしまったんだ

 僕の遺伝子の中にはすでに君がいるんだ
 もしも僕が違う人と結婚をしたとしても
 そこで生まれてきた子供は 少しだけ君の遺伝子が入っているんだ
 子供を見るたびに 君を思い出すだろう
 子供を見るたびに 君に似ている部分をみつけちゃうだろう

 そんなのが嫌だから君と結婚をする
 僕と君が結婚をすれば 思い出にもならないで済むんだ
 君を思い出にはしたくない

 なんてっ 考えている1月生まれの皆さん
 お誕生日 お め で と う♪


 
 

春よ来い

 投稿者:maro  投稿日:2010年12月28日(火)13時26分51秒
返信・引用 編集済
  ♪春よ来い 早く来い
 あるきはじめた みいちゃんが
 赤い鼻緒の じょじょはいて
 おんもへ出たいと 待っている

 春よ来い 早く来い
 おうちのまえの 桃の木の
 つぼみもみんな ふくらんで
 はよ咲きたいと 待っている

 春よ来い 早く来い
 掲示板書いてる ひでちゃんが
 冬眠している わかなちゃんを
 今か今かと 待っている

 春よ来い 早く来い
 待ちわびてた ひでちゃんが
 ストーブの前の PCで
 コクリコクリと 寝てもうた

 春よ来い 早く来い
 夢の中の ひでちゃんが
 掲示板に たくさん書いてたが
 お目目が覚めて 吾に還ったとさっ♪

       おしまい


 

もどかしい距離

 投稿者:maro  投稿日:2010年12月23日(木)15時34分25秒
返信・引用 編集済
  ♪そんなに遠くないはず。
 PCを開けばすぐそこに君がいる。
 けれども君に触れることができない。
 手の届かぬ距離。

 ご飯を食べに行く約束をする。
 それも3時間後の話。
 時間と云う距離

 駅で待ち合わせ。
 お店まで君と並んだ歩くんだ。
 君のバックが右側に、僕の鞄が左側。
 そして僕は君の左側。
 バックと鞄同士が近い距離。
 違う、そんなことを望んでいるんじゃないんだ

 君とご飯を食べる。
 けれどもテーブル越しの距離がある。
 『僕が食べたいのはこの料理じゃないんだ。君が食べたいんだ。』
 あっ、いやっ、誤解をしないでね。そう云う意味じゃないんだ。
 まっ、そのォ~、あれでしてェ~。・・・・・好きだということなんだ。

 車で送るよ。
 車の中は密室。君との距離もグッと近くなる。
 けれども、手も足も出せないもどかしい距離。
 タクシーじゃあるまいし、ベンチシートじゃないからセンターにあるギアボックスやらハンドブレーキやら小物入れがじゃまなんだ。

 あっ、発進する前にめがねメガネ。
 後ろを振り向き、後部席にある鞄の中の眼鏡に手を伸ばす。
 助手席の君が僕との距離に驚きを・・・。
 僕を見ているのを気づかなかった。
 眼鏡を手にした瞬間、君は僕にキスをした。♪

  Oh,yer-、こんなカップルに『メリー クリスマス & ハッピー ニュー イヤー』



 

色葉月

 投稿者:maro  投稿日:2010年11月25日(木)12時16分24秒
返信・引用 編集済
  桜の葉に代わり、ようやく銀杏の葉が色づき始めた。
晩秋から初冬に向き始めている。
色葉月を楽しめる11月も終わりが近づいている。

ササラ電車も10月には今季初の出動をした。
友人の日記にも23日に滑りにいくんで・・・情報。
早くも雪便りを楽しみにしている。
 

自由

 投稿者:maro  投稿日:2010年11月16日(火)10時14分51秒
返信・引用
  現在に疲れたら、過去の楽しかったときに戻ればいいさっ。

過去の世界が高松掲示板さ。

過去の世界であっても止まってはいないよ。

過去のまま、動いているんだ。

過去に戻りたければ掲示板においで。

いつでも過去のまま動いているよ。

また、未来の夢ができたら、現在に戻ればいいさっ。

いつだって君を拒んだり引き止めたりはしないよ。

君は自由さっ。
 

秋を感じる

 投稿者:maro  投稿日:2010年11月 8日(月)17時57分58秒
返信・引用 編集済
  オリオン座・・・冬
渡り鳥
森の呼吸に耳を傾ける
 

同期会より

 投稿者:maro  投稿日:2010年10月27日(水)18時13分3秒
返信・引用
  時が経つのは早いのだが、心の時が過ぎていくのは遅く感じるのである。
いつまでこんな想いを抱いているのやら。
 

陽の当たるところに

 投稿者:maro  投稿日:2010年10月26日(火)14時28分51秒
返信・引用 編集済
  この季節になると、陽の当たる八潮の運河沿いに4種類ほどの猫じゃらしを観ることができる。
一つ目はこれから猫じゃらしとして立派に育とうとしたのじゃが、時期はずれの遅咲きのために成長半ばの猫じゃらし君。
今、猫じゃらしとして真っ盛りな猫じゃらし君。
真っ盛りな猫じゃらし君だった猫じゃらし君が、青々したじゃらしの部分に季節と共に渋めの秋色になっている猫じゃらし君。
どういう経路でそうなったのか?真っ黒になってしまっている猫じゃらし君である。
と云うのは、先日までの話である。
今日の朝には全て刈り取られていた。

所々に水溜りができていた。
水溜りもまだ、凍りつくほどの寒さになっておらず、時折の風にやさしく波を打っていた。
その波は往ったきりではなく舞い戻ってくる。
舞い戻ってきた波は果敢なく弱弱しい波だが、往こうとする波と避けることもなく躊躇することもなく交じり合う。
そんな水溜りにも陽の当たるところには、鳩たちが気持ちよさそうに水浴びをしていた。

そして、勝島の行き止まり運河沿いには、ベンチが置かれている。
春には桜の花が咲き乱れる下に置かれているベンチは、紅葉を待つわびている桜の葉の落ち場所として待ち構えている。
そんなベンチにも陽の当たるところには、人間が気持ちよさそうに太陽の陽を浴びて座っている。

もう一つ運河沿いには、たくさんの秋桜がピンク・紫・うすピンク・黄色・白色・そして藍色の花びらを纏って朝日の出てくるのを待ちわびている。
とても綺麗なコスモスではあるが、もの寂しさを感じさせられる。
おそらく、正面から見ると大きな花を咲かせているが、花を支えるための茎が細々としていて、冬の到来を忘れさすように頑張って咲いている姿からだろう。
私が通り過ぎ数時間後には太陽の動きに合わせて向きを変えて行くのだろう。

我が作業場にも陽の当たるところがある。
材料置き場も兼ねた屋上物置部屋がそうである。
食後に身体を預けに行く。
ガラス越しに軒をくぐって太陽の陽が当たる。
そこで『ゴロン』とするのだが、遠くに行ってしまった空を見上げながら、瞑想に花を咲かせるのである。

これが今年最後の野に咲く花かな。
藍色の秋桜をずっと眺めていたい。

昨夜、木枯らしを感じたのだった。
 

レンタル掲示板
/18